職務経歴書が書けない人必見!注意点と転職に有利な書き方の見本付き!

どうも、たいちです。

職務経歴書は転職活動を行うときに人事の方に渡して、あなたの今までの経歴を見てもらうものです。

この職務経歴書を書くとき、今までの経歴を箇条書きのように黙々と書き出すことをしている人が多く見られます。しかし、ただ経歴を見てもらうだけではもったいない!!

職務経歴書の書き方で、あなたの今までの経歴を伝えることはもちろん、あなたの価値をアピールすることもできるのです。

今回は、転職活動には必須の職務経歴書の書き方を紹介し、同時に注意点も意識してワンランク上の職務経歴書を作成していきましょう。

職務経歴書が書けない方必見!転職で有利になる書き方


職務経歴書は、ただ職歴を並べて見せれば良いというわけではありません。職務経歴書の経歴には、あなただけの実績や評価を明確に記載することで、あなた自身をアピールすることもできます。

それでは、職務経歴書の書き方と注意点をチェックしながら、職務経歴書のイメージをつけていきましょう。

書く内容は基本的に上記でダウンロードした無料のフォーマット・テンプレートに従って書いていきますが、どのような項目があり、抑えるべき要点はどのようなものか紹介していきたいと思います。

タイトル・日付・氏名

タイトルは「職務経歴書」で、それ以外にはないと思っていただいて問題ありません。ただ、別途企業よりタイトルを指定されることもあるので、もし指示があればそれに従って下さい。

基本的に年月日等は西暦で書くように気を付けましょう。

シンプルな項目ですが、ケアレスミスがないようにしてください。ケアレスミスは厳禁です。

職務の要約や概要

職務の要約や概要は、あなたがこれまでどのような職務を経験したかをシンプルに書く項目です。

簡単に言えば、漫画や映画などのあらすじのようなものと考えてもらうと、解かり易いと思います。

自分が高校・大学卒業後どのような会社に入社し、どんな業務をこれまでに経験したかなどをシンプルに記載しましょう。

企業の概要

企業の概要では、あなたの現職または前職の雇用形態(正社員、契約社員など)、会社の事業内容、従業員数、売上高、上場もしくは非上場の情報を記載して下さい。

現職もしくは前職の企業のホームページ等で確認すると非常にスムーズに書くことができます。

職歴

職歴、ここが本番とも言える記入箇所です。

自分はこれまで何をやってきて、何が出来るのかを自己PRと同様、具体的なエピソードや数字を用いて書くことが求められます。

転職経験がある場合は基本的に在職した順番通りに記載しましょう。

また、部署が移動して業務の内容が変わった際にも記載が必要です。営業職であれば具体的に年間どの程度売上たのか、売上を上げるために行った取り組みなどもあれば記載することが望ましいです。

資格・スキル

持っている資格については、車の免許であれば「普通自動車第一種運転免許」など、正式名称で記載して下さい。

またスキルに関しては、例えば英語が出来るのであれば、TOEIC○○○点など、根拠となる情報を記載する必要があります。

自己PR・強み・スキル

自己PRや強みなどを書くことで職務経歴書が、あなたをアピールする材料や話すネタになったりもします。

自己PRはこちらの記事を参考にしてください。
見やすい自己PRをつくる文章とコツ!うまく書けない理由はこれかも?

職務経歴書を書く際の注意点


職務経歴書は、自己PRなどと比べて書く量は多いものの、事実を記載する項目ですので、あまり頭を悩ませるポイントは比較的少ない項目ではあります。

しかし、事実を正確に書く必要があるため気を引き締めて書くことが望まれます。

ハリィくん

短いけど油断するなってことか。
短いからこそ、嘘なくアピールを詰め込んでほしいんだ。

たいち

では、職務経歴書を書く時に注意してもらいたい点があるのでお伝えしたいと思います。

嘘を書いてもバレるので書かない

例えば前職・現職の就業期間などは虚偽のないようを書くと、後々採用する企業側は簡単に調べることが出来るため、すぐ発覚してしまいます。

嘘が発覚すると仮に就業しても不利益を被る可能性が高いため、入社後のことも考えて絶対に虚偽の記載をすることはやめましょう。

職歴にマイナスなことは書く必要はない

例えば営業職だった場合、予算が達成出来なかったなどの出来事もあるとは思いますが、聞かれてもいないのにわざわざマイナスなポイントを書く必要はありません。

面接でもし聞かれたら答えれば良いので、あえて自らマイナス面を正直に記載しなくても問題ないでしょう。

職歴の見本例

最後に、職務経歴書の書き方の見本例を紹介して終わりたいと思います。

ハリィくん

参考にさせてもらおうかな。
ぜひぜひ!形式は最初は似たようなものにして、後から自分の言葉を付け加えていくようにしてね。

たいち

ここでは、現職のスポーツメーカーの営業に6年従事したと仮定して職務経歴書の見本を記載したいと思います。

●タイトル・日付・氏名
タイトル:職務経歴書
日付:20××年 〇月〇日
氏名:たいち

●職務の要約や概要
大学卒業後、新卒で野球用品、テニスラケット等を製作・販売する株式会社〇〇〇に入社致しました。新卒研修後、営業部に配属となり、20店舗のルートセールスを担当。多くのお客様と関係性を深め、前任者と比較し翌年度は112%の売上を達成することが出来ました。

●現職の企業の概要
20××年4月~現在 株式会社〇〇〇
事業内容:野球およびテニス用品の製造及び販売
売上高:×××億円 従業員数:720名 東証一部上場

●職歴
期間:20××年~現在
主な職務:
国内営業部 東京支店 営業1課に配属
既存顧客を20件ほど担当し、全店舗を週に1、2回のペースで巡回致しました。
・定期インストアイベントの開催
月に一度、担当顧客の中で最も売上の高い店舗にて、有名契約プロのトークイベントを実施。その際に事前に契約プロと事前に力売したい商品を綿密に打ち合わせ、イベント前に店舗に在庫を多く揃えることで、イベント当日の販促を促す。

・重要店舗のキーマンとはお互いの関係性を深めるため、プライベートで食事に行くなど関係を深めるための取組みを行い、前任者と比較し112%の売上を担当2年目で達成。

[実績] 4年目に関しては年間予算売上5億円に対して7.3億の売上を達成。全支店の中で売上伸び率ナンバーワンを達成致しました。

●資格・スキル等
取得日:20××年4月 普通自動車第一種運転免許 取得

●自己PR
現職にて、小売店への営業を6年経験しています。ルートセールスではありますが、20XX年より自社と小売店、双方の売上を伸ばすため小売店のキーマンとなるスタッフ・契約プロと協力し月に一度ショップイベントを開催し、開催する前年の20XX年と比較し開催年は自身の売上を前年比113%にアップさせることが出来ました。これを継続した甲斐があり、20XX年には全支店の営業の中でトップの売上伸び率を達成することが出来ました。御社に入社後も新しい提案を行い、御社の売上に貢献していきたいと考えています。

このような形式で書いていきます。数字を記載すると具体的になり、信憑性も増して人事の方にも伝わりやすくなります。

まとめ

職務経歴書が書けない方への書き方と注意点を紹介しました。

ハリィくん

職務経歴書は職歴を伝えるだけじゃなくてアピールもできる大事な資料なんだね。
職務経歴書で好印象をとればそれだけで周りの人と一歩差をつけることができるんだよ。

たいち

見本もぜひ参考にしてアピールのできる職務経歴書を作成してください。あくまで参考なので丸写しはしないように。

職務経歴書は履歴書やES(エントリーシート)に比べると後回しにしてしまいがちな書類ですが、大事な書類のひとつなのでしっかりと全力で書き切るようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です