転職経験者が本気で伝える|おすすめ転職サイトや内定までの流れ

このサイトは、転職活動を成功へ導くためのブログです。

転職活動をされている方には、今までの経験を活かしてスキルアップをしたい方や、ブラック企業を卒業して辛い毎日から解放されたい方など様々な理由があると思います。

しかしどんな理由であれ、転職活動を行っている人にはぜひ成功を掴み取ってもらいたいです。

そんな方のために転職活動について徹底的に調べ上げて、実際にブラック企業からホワイト企業に転職した僕の知識と経験を伝えて転職活動を有利に進めていってもらいたいと思っています。

ハリィくん

転職活動って調べることってあるの?
転職活動は始める前から終わるまで常に情報を取り続けたほうが良いよ!

たいち

「転職活動を制するには情報を制する」といって良いほど、調べることはたくさんあります。新しい会社へ入社することになるので、そこがもしブラック企業だったら後悔しきれませんよね。

そんな訳で、このサイトでは転職活動を行ってホワイト企業に転職できた僕が得た知識と実際に転職活動をしてみて感じた感想を出し惜しむことなく紹介していきます。

ぜひ、あなたの転職活動の参考にしていただければと思います。

転職活動の全体の流れ

一言で転職活動と言っても期間がなかなか長いもので、企業研究や対策を行うとなると「3ヵ月〜半年かかる」と言われています。

これはあくまで平均なので、退職してから転職活動を行えば2ヵ月だったり、在職中に良い所があったら転職したいと考えていれば1年以上だったりと様々です。

しかし、この期間が長いということは転職活動でやることは多いということです。このやるべきことをやらずに、中途半端な転職をして後悔してしまう人もたくさんいるわけです。

なので、まずは転職活動を行うにあたって、転職活動というもの全体の流れを把握してそれぞれの分野で情報収集やノウハウを学ぶ必要があります。

まずは全体の流れから確認をしていきましょう。

ハリィくん

よろしくお願いします。

転職活動の流れは主に以下のようになっています。

1.自己分析
2.転職サイトへの登録
3.履歴書や職務経歴書の作成
4.説明会や筆記テスト
5.面接
6.内定後の手続き

まずは転職活動の流れを知り、あとは進めながら情報収集していくことが重要です。全体の流れを知らないと、本当に自分の行ってることがあってるのか不安になってしまいますし、頭が整理しきれないということが起こります。

ハリィくん

全体の流れがわかったほうが何でもイメージしやすいよね。
目先のことだけやっているとゴールがわからないから中途半端で投げ出しちゃうしね。

たいち

全体を把握して、まずは一つ一つ形を完成させていきましょう。

転職活動のための自己分析をする

転職を成功させるためには避けて通れないのが自己分析です。

ハリィくん

自分のことなんだから考え直す必要はないんじゃないの?
そんなことないよ。自分でも気付いていないことを深く知ることで企業に求めているものがより具体的に分かってくるんだよ。

たいち

自己分析を最近、真剣に取り組んだことはあるでしょうか?

自己分析は、自分自身の強みや弱み、価値観などを深くまで考えていくものです。人というものは、生活をしていたり何か経験をしたりすると変わっていくものなので、学生時代の就職活動のときの自己分析とは変わっているはずです。

自己分析をすることには様々なメリットがありますので詳しく見ていきましょう。

自己分析はやりたいことを明確にする

自己分析を深くまですることで、自分でも気付かない「長所や短所・やりたいことややりたくないこと」など知ることができます。これにより、あなたが企業に活かせることや求めているものが分かるので理想の企業に入社することができるのです。

逆に言ってしまうと、自己分析をしっかり行わないと、転職活動で何を行いたいのか、何を実現したいのかが明確になっていないので自分に合わない企業に転職してしまう可能性があります。もし、自分に合わない企業に転職してしまった場合は最悪また転職を繰り返す可能性だってあります。

ハリィくん

それは嫌だなぁ。
でしょ。だから自己分析はしっかり行わないと理想の企業への転職は難しくなってしまうんだよ。

たいち

自分が納得するまで自己分析を行って、あなたの理想とする、そしてあなたを求めている企業へ入社できるようにしましょう。

自己分析を怠ると入社後に苦労する

自己分析をしっかり行わないと、面接でその企業にマッチした人物を装ってしまうことになります。

経験やスキルを偽って面接で合格することは可能かもしれませんが、それでは入社後に人事の方がイメージしていたあなたの人物像と、本当のあなた自身にギャップが生まれてしまいます。

これでは、企業も求めている人物と違ったと期待はずれに思ってしまいますし、あなたもプレッシャーがかかってどちらも不幸になってしまう可能性があります。

ハリィくん

確かに人事の方に申し訳なくなっちゃうね。
何よりも自分がプレッシャーを感じてストレスになってしまったら結局また転職してしまう可能性があるからね。

たいち

入社後にもギャップを感じさせないよう、転職活動のうちから良い機会だと思って自己分析を行うようにしましょう。

転職サイトに登録をする

さぁ自己分析ができた。自分の長所ややりたいことが明確になった。ときたら次は目指す会社を見つけましょう。

ここで、受けたい業種の会社を1社1社ホームページを見て探す人はいないと思います。(笑)

じゃあどうするかと言うと、転職サイトに登録して転職を目指す企業を探していきます。

ハリィくん

転職サイトに登録すると探しやすくなるの?
むしろ登録しないと無謀だよ。世の中には企業は果てしないほどあるし採用募集してるとは限らないしね。

たいち

企業のホームページから転職を行う人もいますが、それは本当に受けたい企業だけでそれ以外は採用募集を行っている転職サイトに登録しましょう。

転職サイトごとにそれぞれ強みがありますので、以下の大手転職サイトに無料登録してどんな企業があるのか調査するのが良いでしょう。

1.リクナビNEXT:業界最大手で求人数No.1の定番転職サイト
2.パソナキャリア:顧客満足度No.1の手厚いサポートが魅力
3.マイナビジョブ20’s:20代の転職市場を熟知したアドバイザーさんがサポート
4.レバテックキャリア:IT・WEB系の転職ならレバテックキャリア

転職活動の書類を作成する

では、これから転職活動に使用する書類の作成を行っていきましょう。

ハリィくん

おぉ、ついにだね!
この書類の作成がしっかりできているだけで面接の合否を決めるといっても過言ではないから集中して書こうね。

たいち

書類と言っても様々なものがあり、転職活動で特に意識したいのが「履歴書と職務経歴書」です。この2つは考えれば考えるほど良いものが作成できますし、面接での第一印象にもなりえるので集中して作成していきましょう。

ただ、自己分析がしっかり出来ているならそこまで難しいものではないので苦手意識をもたないでくださいね。

履歴書の作成について

履歴書は面接官が最初に目にする書類で、あなたの第一印象が書いてある重要なものです。

今は減ってはきましたが、手書きの場合は字の丁寧さだったり写真の写り具合だったりで印象が決まってしまうといっても良いくらい大事です。

ハリィくん

内容じゃなくてそこで決まっちゃうの!?
完全に決まるわけじゃないんだけど、印象には影響するよ。

たいち

なので、完璧な履歴書を作成するためにどういう履歴書が自分に合うかなどを考え、自己PR志望動機もちゃんと考える必要があります。

また、職歴の欄も嘘偽り無く書き、資格は可能であればその企業が求めるものを取得書くことができれば好印象になるなど履歴書は奥が深いです。

職務経歴書の作成について

職務経歴書はあなたの「過去・現在・未来」を面接官の方が見極めるこちらも重要な書類です。これは面接で聞かれる部分でもあるので、職務経歴書は経歴をただ書けば良いだけというわけではありません。

今までのキャリア、転職理由、志望動機を具体的に理解して質問に答えるようにしましょう。

ハリィくん

経歴って細かく書く必要があるの?
できるだけ細かく書いてほしいけど、必ず書いて欲しいのは良い実績を残せたことだね。逆に悪い経歴は書かなくて大丈夫だよ。

たいち

ここでも自己分析が生きてきて、自己分析が甘くてふわふわしていると面接で答えている間に矛盾が生じてしまって信頼を失ってしまうこともあります。自己分析をしっかり行って自信満々に面接に挑めるように注意しましょう。

説明会や筆記テストの対策を行う

説明会に参加したり、その場で行われる筆記テストの対策を行いましょう。受ける業種によっても多少変わるかも知れませんが、基本的にはSPIの問題が使用されます。

最新最強のSPIクリア問題集 ’20年版

最新最強のSPIクリア問題集 ’20年版

成美堂出版編集部
1,320円(11/18 03:16時点)
発売日:2018/05/14
Amazonの情報を掲載しています

こういった本を1冊もっておくだけで筆記テストは問題ないでしょう。

ハリィくん

どういった問題が出るの?
国語や数学の基礎学力レベルの問題が出てくるよ。結構忘れがちだから1度復習を行うのがおすすめ。

たいち

SPIは受ける会社にもよりますが、そこまで高得点を目指す必要はありません。ただ、高い点数であれば好印象なのは間違いありませんので、1冊買って1度解いておいたほうが良いでしょう。

転職したい企業の面接対策を行う

面接対策は重要です。どんな質問がくるか事前に調べてそれの対策をしておくだけで気持ちの軽さが違います。

転職エージェントに登録しておけば、転職アドバイザーさんと面接対策もできますし、ESや履歴書の添削もしてもらえます。

ハリィくん

どんな質問がくるかわかるものなの?
会社によって質問してくる内容はある程度決まっているんだよ。

たいち

この質問対策には、転職アドバイザーさんに相談するのが1番の近道です。

1.【リクルートエージェント】:大手で転職支援実績もNo.1。
2.マイナビエージェント:首都圏、関西圏を中心に手厚いサポートと求人数。
3.パソナキャリア:顧客満足度No.1の手厚いサポートが魅力。
4.レバテックキャリア:IT・WEB系の転職ならレバテックキャリア

転職活動を終えて内定後について

見事内定の連絡をもらえることになったら、色々と手続きがあります。最後まで気を抜かないように、相手方の会社に心配をかけないような行動を意識しましょう。

入社日と当日の持ち物の確認

企業と見事ご縁が合った場合には、担当者から電話もしくはメールで連絡がきます。ほとんどの場合は電話でしょう。

その際には、入社日と当時の持ち物が伝えられますので忘れずにメモをしましょう。もし、担当者が伝え忘れてしまった、もしくは質問し忘れてしまった場合にはこちらから確認してください。

ハリィくん

もし確認も忘れてしまったら?
その場合は電話をかけ直して確認しよう。

たいち

また、入社日は履歴書かもしくは面接で伝えているはずなのでそこから大きくずれるような入社日にならないように注意してください。

雇用契約を結ぶ

内定が確定したら、雇用契約を結ぶために企業に一度出向く必要があります。

その場合は「内定を確定させてあなたの企業で働きます。」という決定事項なので、それ以降は内定の辞退はできませんので注意してください。会社側もあなたがその会社で働くという準備をしていますので手間をかけてしまいます。

ハリィくん

雇用契約はその会社で働くと決定することなんだね。
うん、だから曖昧な気持ちで行くんじゃなくて前日には決めておく必要があるんだよ。

たいち

入社の意思をしっかり決めてから出向くようにしましょう。

内定を辞退したい場合

内定の辞退は電話で行うのが基本です。内定の電話をしないで入社日寸前で連絡したりすると会社側では準備をしているので迷惑をかけてしまいます。

電話が通じずにやむを得ない場合はメールのこともありますが、それはほとんど稀で電話ということを覚えておいてください。

ハリィくん

どのタイミングで連絡をしたら良いの?
なるべく早くだけど、最低でも内定をもらった1週間以内にするのがマナーだね。

たいち

電話の際には、内定をくれたことのお礼と申し訳ないという気持ちを伝えましょう。

おすすめ転職サイトと内定までの流れのまとめ

おすすめの転職サイトと内定までの流れを簡単に説明させていただきました。

このページに書いてあることがすべてではないので、このサイトの色々なページを見て参考にしてもらい、転職活動を少しでも負担が減らせてもらえれば幸いです。

何か質問があれば問い合わせページからお気軽に連絡くだされば対応させていただきます。

たいち

では、流れを復習してみましょう。

1 転職活動の全体の流れ
2 転職活動のための自己分析をする
3 転職サイトに登録をする
4 転職活動の書類を作成する
5 説明会や筆記テストの対策を行う
6 転職したい企業の面接対策を行う
7 転職活動を終えて内定後について

まずは習うより慣れろなので、この流れに沿って行動していけばだんだんとやり方が分かってくるはずです。

そして分からないところが出てきたら、その都度分からないままにせずにネットや本で情報を集めるようにしましょう。

こんな僕でも何度も転職活動を行って、やっとブラック企業から脱出できました。あなたの転職活動もうまくいくよう、心から応援しています。