職歴で在職期間が短い場合の転職理由【答え方・注意点・見本例】

どうもたいちです。

転職回数が多いことと同様にネガティブな要素と捉えられがちな、前職の在職期間が短いこと。

確かに前職の在職期間が短いと、前職の在職期間が長い方と比べるとマイナスのイメージが抱かれやすいことは事実です。

しかし、抱かれる可能性があるだけで、それだけの理由で不採用になるわけではありません。しっかりと面接前にこの質問に対する答えを練っておけば、十分に対策出来る質問です。

この記事では前職が短いことを面接で聞かれた時の答え方や注意点、そして回答の見本例をご紹介していきたいと思います。

前職が短いことを面接で聞かれた時の答え方

履歴書の職歴には、どのくらいの期間働いたかを記載する部分があります。

職歴に1年以内のものがあったら面接の時に在職期間が短いとツッコまれてしまう。そんな焦りがありますよね。

しかし、どうしても職歴というのは変えられませんし、そもそも職歴が短いというのはその本人が必ずしも悪いものではありません。

むしろ僕はのうのうと労働基準法を一切無視してる会社はすぐに辞めて再度転職活動をする方が利口だと思っています。以下の記事を参考にしてください。

ブラック企業は早く辞めるべき!働き続けると危険な5つのデメリット

そんな短い職歴について、面接での対策をお伝えしますので見ていきましょう。

正直に話しても問題ない離職理由もある

そもそも、今の御時世では転職社会となっていると言われるだけあって、多くの方が転職活動を経験しています。

ハリィくん

今は転職経験がある人は多いの?
転職市場と言われているだけあって、転職したことない人の方が珍しくもなってきているからね。転職なんて珍しくないよ。

たいち

そんな中、職歴が短い人なんてたくさんいるので人事の方は「それだけでマイナスだ。」なんて理不尽なことを思う人はいません。ただ、職歴が短いのには何かしらの訳があるのでその理由を聞きたいだけなのです。

「どんな理由であれ在職期間が短いことは悪いことなんじゃないの?」と思うかもしれませんが、次の場合はどうでしょうか。

例えば、前職は営業を経験していて、次の会社も営業職として志望して入社としたとします。

しかし、企業の人員不足等の理由から営業ではない他の部署で配属され、営業への転属の見込みがありませんでした。

ハリィくん

わっ、これは会社から聞いた話と違うじゃん!!
こんな場合は止むを得ない離職理由になると言えるよね。

たいち

またこういった理由を述べた場合は、営業職を希望している場合は、「今度こそ御社へ入社し営業職に全力でトライしたい」という前向きな話に繋げることが出来るため、採用する企業側にとってもマイナスのイメージにはなりにくいと言えます。

自分自身に非があった場合はそれを認める

実際に、自分自身の企業研究や業界研究不足等が原因で、入社後に実際の仕事と希望している仕事のミスマッチがあった場合は、自分自身の調査不足であったという非を認め、今回志望している転職先企業は入念に調査した上で志望したことを述べましょう。

ハリィくん

調査不足って悪い印象になっちゃいそうじゃない?
そんなことないよ。企業には入ってみないと分からないって人事の方も分かってるし、何より正直なのが大事だからね。

たいち

誰にでも間違いはあることですから、大事なのはその間違えから何を学び、どう活かすかです。

その場合は、具体的にどういうことがやりたかったのか。またその会社のどこがいけなかったのかを説明できるようにしましょう。

反省点と改善点を述べる

早期退職してしまったのが理由はどうあれ、自分自身に全く落ち度がなかった人はなかなかいません。

そのため、自分自身の悪かった所を正直に話し、今は反省していて貴社ではこうやって改善していきたい。と改善策を述べることが大事になります。

ハリィくん

ここでも正直なのが大事なんだね。
うん、面接は何よりも嘘をつかないことが大事だから、正直に話して反省していることを伝えよう。

たいち

また、人事の方は前向きな向上心を持った人が好きなので、成長しているんだという所をアピールしていきましょう。

前職が短いことを面接で聞かれた時の注意点

前職企業への批判不満

他の記事でも触れたことではありますが、前職企業への過度な批判、露骨な批判はNGとなります。

ハリィくん

前の会社は残業が多くてしかもサービス残業!パワハラもあって給料が安かったんだけど。
そういう退職理由は絶対にNGだよ。

たいち

実際に土日のろくな休みもなく、深夜の過度な残業があったというのは理由の一つには間違いはありませんし、それを理由に離職したことであなたを責める人などいません。

しかし、こういった内容はある程度オブラートに包んで話す必要があります。

例としては、「そういった就業形態に自分自身の将来のキャリアプランを描くことが出来なかった」といった理由でも差支えないと考えられます。

それであっても前職から学んだスキル・経験は確実にあると考えられます。そのスキル・経験を志望する企業でどう活かすかを述べ、前向きな会話に持っていくことが望まれます。

人間関係についてはふれない

前職の人間関係が嫌で早期退職してしまった方も中には多いかと思います。

しかし、人間関係で早期退職してしまったということを面接官に伝えてしまうと、「うちに入ってまた人間関係が合わないと思われたらどうしよう。」と考えるわけです。

ハリィくん

人間関係の理由は良くないのか。
人間関係は誰しもが悩むところだからね。人事の方も心配してしまう離職理由だから注意だよ。

たいち

人間関係は誰でも悩みますし、早期で人間関係に悩んでしまったら第三者の入るスキマがありません。

人事の方は、「この人は人付き合いが苦手なのか。」や「うちに入社してまた人間関係で辞めちゃったらどうしよう。」とか考えてしまうわけです。

ただここで考えていただきたいのが、本当にあなたが悩んだのは人間関係だけでしょうか?

正直に前職の退職理由は言うべきですが、人間関係とは言わずに他の理由を伝えたほうが良いでしょう。

前職が短いことを面接で聞かれた時の見本例

以下は回答の一例ではありますが、あなたの経験と照らし合わせて、回答の参考としてください。

言い方によってはマイナスのイメージを払拭することもできるので、何度も回答を頭の中でイメージしていきましょう。

自分がやりたい業務内容と違い退職した場合の見本例

入社前に業務内容・前職の企業については入念にリサーチは致しましたが、実際の業務内容は自分が志望していた業務とは、非常に異なった業務でした。
しかし、ここですぐに退職してしまっては自分の実にはならないと考え、在職中に職務を経験しながら、〇〇〇や〇〇〇とったスキルを身に着けることが出来ました。そこで得たスキルを御社に入社後しっかりと業務に活かしていきたいと考えております。

短い期間で離職した事実はあるものの、ただ退職したわけではなく、具体的にどういったスキルを身に着けて、転職後どう活かすかという話は非常にマイナスにはなり辛いを考えられます。

労働時間が長すぎて退職した場合の見本例

労働時間が長くて自分の時間が取れませんでした。
ただ今落ち着いてよくよく思い返してみると、自分で作業の効率化を図ることを考えられていませんでした。
そのため、今はその反省点を活かして作業の効率化を図れるようにExcelやWordの参考書を買って勉強を始めました。
貴社では、この経験を活かして作業効率を図った業務を行っていきたいと思っております。

このあと、残業時間がどれくらいだったのか質問がくるはずですからそのときは正直に月○○時間でした。と答えましょう。

また、上記のどちらの見本例では触れていませんが、得たスキルを入社後の企業でどのように活かすか、という具体的な展望があると尚良いと言えるでしょう。

転職エージェントの方に見てもらう

退職理由を自分で考えても、相手の方がどういった印象でとらえるかは中々見えづらいという所があります。

そこで、転職エージェントの方に添削という形で退職理由を見てもらうことがおすすめです。提出してみて1発でOKなんてことにはならないですし、退職理由を通して面接で話す内容のアドバイスももらえたりもします。

また、自己PRや志望動機も見てもらえれば面接も緊張せずに望むことができます。

数ある転職エージェントの中でもリクルートエージェントがおすすめです。

ハリィくん

転職アドバイザーさんというやつだね。
ここで勇気を出して見てもらうだけで優良企業に内定とれる確率はグッと上がるよ。必ず登録するようにしよう。

たいち

エージェントさんに徹底的にサポートしてもらって、満足のいく退職理由を作成しましょう!!

リクルートエージェントで無料相談してみる

まとめ

前職が短いことを面接で聞かれた時の答え方や注意点、回答の見本例をご紹介させて頂きました。

聞かれると答えづらい質問であればあるほど、しっかりと答えられるかどうかであなたの真価が問われると言えます。

ハリィくん

でも答えるべき内容がなんとなく分かってきたよ。
何度も言うようだけど正直に・嘘をつかないっていうことが重要だよ。これだけは守るようにしようね。

たいち

嘘は絶対につかないで、自分にも非がある場合は反省点と改善点を伝えること。そして前職の不平不満や人間関係は言わないことが大事です。

短い職歴に悩んでいる方は、準備を怠らず、後ろめたさなく面接に臨んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です