客先常駐SEがクビや解雇されることはある?40代・50代はリストラ候補か?

どうも、たいちです。

客先常駐SEというのは未経験者でも転職しやすいといったり、様々なIT技術を学ぶことが出来るといったメリットが多くあります。

しかしその反面、正社員で雇われているにも関わらず不安定といったデメリットも少なからずあります。

客先常駐SEとして働いていて将来を不安に思ったり雇われ体系に不満をもっている人は多くいると思います。正直、僕も客先常駐のときは常に不安で周りの社員からもそういった声が聞こえていました。

実際、客先常駐はクビになったり解雇されたりするのでしょうか。また、よく40代〜50代ではリストラされてしまうと言われていますがその理由はなんなのでしょうか。

気になる方、不安な方も多いかと思いますので、早速詳しく見ていきましょう。

客先常駐SEはクビや解雇の対象になるの?

客先常駐で働いていると将来に不安を感じてしまう人が多いと思います。

その理由の一つに、クビや解雇になる可能性が高いと噂されているためです。

正直、仕事をしていく上でクビになりやすいなんて言われてしまっては不安で不安でたまらなくなると思いますし、何よりも可能性があるだけでモチベーションにも関わってきますよね。

ハリィくん

客先常駐SEはクビや解雇されることは多いの?
これは正社員・契約社員・派遣社員などの雇用形態と大きく関係しているんだけど、実際客先常駐SEは他の職種と比べてもクビやか解雇の可能性は高いよ。

たいち

正社員でもクビや解雇される可能性は十分にある

正社員ならばクビや解雇はないから安心だと思っている方は多いかもしれません。しかし、正社員でもその可能性は十分にあるのです。

そもそも、正社員でクビになるケースというのは、

  1. 会社に多大な損害を与えてしまった場合
  2. 犯罪や違法を犯してしまった場合
  3. 会社の業績悪化による場合

が主に考えられます。

この1と2は良いとしても、3の『会社の業績悪化』に関しては避けるのが困難という他ありません。

ハリィくん

業績悪化で解雇されるのは法律的に問題はないの?
日本はよほどのことがない限り解雇にはされないんだけどね。業績悪化を改善するために人員削除が適正であれば許されてしまうこともあるんだ。

たいち

ハリィくん

そんな理由で解雇されたくないよ。
やっぱり大手企業に比べて中小企業はそういった手段をとるところもまだ多くあるからね。納得がいかなかったら弁護士に相談するのも手だよ。

たいち

正社員だからといって必ずしもクビにならないとは限りません。

とくに中小企業の場合は、会社の業績が悪くなったら早めの対処が必要になってくるでしょう。

客先常駐SEがクビや解雇になるのはどんなとき?

客先常駐SEで一生懸命会社に尽くしてもクビをきられてしまうことは珍しくありません。

もっと正確にいうと、自主退職するように促されてしまうことが多いのです。

客先常駐SEは、お客さん先が職場になり、そこで働いた分に見合った金額が会社に振り込まれます。その一部を賃金として、そのSEに支払われるのですが、もしどこかの現場へ配属が決まらなかった場合は自社内待機という形になります。

この自社内待機の期間は、その社員はお金を生み出すわけではありませんが会社に属しているために会社側からすると給与を支払わなくてはなりません。

この状況が長い期間続くと会社側からしては、この社員は厳しい言い方をしてしまうと赤字でしかないわけです。

もしこういった社員が複数も集まると会社が倒産の危機に陥ってしまうので、あらゆる手で自主退職に追い込んできたりもします。

ハリィくん

あらゆる手を使われても自分から退職なんてしなければいいんじゃないの?
それがそうもいかないんだ。その会社に居づらくなれば退職したほうがマシだとも思ってしまうからね。それでも尚耐えて鬱になってしまう人もいるんだ。

たいち

実際、社内待機していた社員のことを「赤字」と呼んでいた会社もあるようです。クビや解雇だけが退職じゃないなんて怖いですよね。

40代・50代がリストラ候補となる理由

客先常駐SEは自主退職されるというお話をしましたが、とくに40代・50代になるとそれがさらに加速してきます。

それはなぜか、理由を落とし込んで見ていきましょう。

40代・50代になると受け入れ先が減少する

40代・50代になると、基本的にお客さん先の社員よりも歳上になる場合が多くあります。プロジェクトリーダーよりも歳上になるかもしれません。

そうなると社員からは歳上なので気を使ってしまうということが多いようです。さらに、プライドが高いというかたも多いので扱いづらいということもあり受け入れ先が減ってしまうんですね。

ハリィくん

40代・50代ともなると技術力があってベテランなんだから多少問題あっても引く手あまたなんじゃないの?
そう思うかもしれないけど、現実は甘くないんだ。

たいち

確かにベテランといえる年齢になるとIT知識がある方は多いのは事実ですが、客先常駐というのは現場で使用する言語や業務内容は変わります。そのため、ある言語の知識に強くてもその現場で使用していないものであればその技術力も霞んでしまうのです。

こういったことから40代以上になると受け入れ先が減少して社内待機の期間が増え、リストラ候補となってしまうのです。

40代・50代は給与が高い

上でお話した受け入れが減少するのに加え、年齢が高いため自社から支払われる給与も自然と高くなっています。

賞与がある会社であれば尚更です。

そのため、受け入れ先がないので利益を生み出さない、なのに給与は人よりももらっていくという、厳しい言い方で会社の大きい負債となってしまうのです。

ハリィくん

給与が高いのに受け入れ先がないと確かに会社からすると悩んじゃうとこだよね。
うん、だから40代・50代になってから転職活動をしていたんじゃ遅い。客先常駐SEこそ早めの転職活動が重要だよ。

たいち

客先常駐SEにオススメの転職サイト

「早めがいいのか。そうなのか〜。」で終わってしまっては結局いつまで経っても転職について考えないでしょう。

転職活動には時間がかかりますし、実際に自分がその立場になってからでは転職サイトに登録することすらしなくなってしまいます。転職サイトに登録するのは意外と元気なうちでないと行動できないのです。

余力のある今のうちに転職サイトに登録して企業を見ていくようにしましょう。

おすすめはダントツでリクナビNEXTです。求人数も多いですし実績もトップクラスなので、無料ですしここは必ず登録しましょう。

そのうち登録するでは絶対に登録しません。今のうちに面倒くさいことは終わらせてしまいましょう。

まとめ

客先常駐SEはどんなに実力があっても、年齢が上がるにつれて会社にずっと勤めているのが難しいという話をしました。

ただ、それは年齢が若い人も可能性がまだ低いだけで解雇されてしまう可能性は誰にでもあるのです。

ハリィくん

客先常駐SEはあまり安定しないってことだね。
やりがいはある仕事ではあるんだけど、やっぱりデメリットが多くて立場的に弱いしスキルを身に付けて早めに転職を視野に入れたほうが良いね。

たいち

どんなにスキルや技術力があっても、次の現場でその技術力が活かせないのであれば受け入れてもらえない可能性があるのです。

これから客先常駐で苦労しているあなたが良い会社に恵まれますよう、今すぐ行動を起こし幸せな労働環境を手にしていきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です