転職活動での面接時の服装!スーツから靴まで徹底解析【女性編】

どうもたいちです。

「第一印象は3〜5秒で決まる」と言われており第一印象の良い面接こそ内定につながる大事な要素でしょう。

また、就職活動時の髪型や服装に関して企業ごとにベストな服装があります。

女性は男性と違ってインナーのシャツやスカートとパンツといった組み合わせが豊富なので企業に合わせて服装を選んで印象を変える必要があります。

自分は社会人経験が長いからと言って自由な格好をするのではなく、油断せずに面接に臨みましょう。

今回は、面接官の方に好印象な服装について見ていきたいと思います。

就職活動の服装についてのポイント

就職活動時にリクルートスーツで就職活動をしていた方は多いかと思います。

新卒活動でのスーツはリクルートスーツで問題ありません。

しかし、転職活動となるとリクルートスーツは幼く見えてしまい、戦力になると思われなくなってしまいます。

転職活動では経験者・未経験者に限らず即戦力になれるかどうかが見られます。

「だったら高いスーツを買えばよいのか。」と言われるとそうではありません。無難ながらに清潔感も大事なのです。

そんなスーツから靴・カバンまでをこれから細かく確認をしていき、好印象を得られる転職活動を行いましょう!!

女性の面接時の服装のマナーとチェックポイント

面接時に重要なのは派手でも個性的でもなく清潔感です。

これからチェックしていくそれぞれの服装は最低限守って欲しい所です。

自分の面接を受ける時の格好を想像して、足りない部分がないか必ずチェックをしていってください。

スーツ

面接時はスーツで行くのが基本です。

オススメのスーツの色は黒・紺・ベージュ・グレーです。

男性は基本的には黒か紺色などですが、女性は多少明るい色でも問題ありません。

爽やかで綺麗な印象を持ってもらうことができるので自分にあった色を着ていくようにしましょう。

柄についてですが、派手なものはやめるべきです。

「無地かピンストライプ柄」が良いでしょう。

インパクトのあるものだと面接官もひいてしまいます。無難かつ清楚なイメージを出せると良いですね。

スーツはパンツ?スカート?

スーツにはパンツとスカートの両方がありますよね。

これはどちらが良いんでしょうか。

実はパンツとスカートでどちらが正解ということはないのですが、面接官にとっての印象はガラッと変わります。

では、どういうときに印象を使い分けるかというと、「応募した企業の職種によって使い分ける」ということです。

使い分ける職種は主に以下のようになります。

  • パンツ・・・「営業職」「 管理職」
  • スカート・・・「事務職」「秘書や受付」

パンツはバリバリのキャリアウーマン、スカートは清楚な女性らしい印象を与えてくれるんですね。

パンツかスカートのどちらかで迷ってる方がいたら、自分の受ける企業の職種に合わせて選ぶようにしましょう。

その他

広告関係・アパレル関係等であれば、服装であなたのセンスも問われます。

そのセンスを見られるわけでもあるので、スーツでいくわけにはいきません。

派手すぎる服装は避けた方が良いですが、その会社の系統をおさえた服かつあなたらしさを表現できる服を着て面接に望みましょう。

インナー

スーツの中に着るインナーも重要となってきます。主に着るものはシャツ・ブラウス・カットソーです。

基本的にはどれを着ても問題ありませんが、色やデザインはシンプルなものを選ぶ必要があります。

スーツの色に合わせて、主なものが白、他にも薄いピンクや水色のものがあります。シミになっている場合はちゃんと買い替えて清潔感を出すように意識しましょう。

もし自分に合うものが分からない場合は白にしておけば清潔感も出て悪い印象を与えません。

フリルが付いていたり色が派手なものは面接には不向きなのでやめましょう。

女性の靴はパンプスが定番です。

色は基本的にはスーツと同じにすることが多いですが、ベージュや淡い色でもスーツと合えば問題ありません。

パンプスの高さは5cmからそれ以下のものにしましょう。そうすることで清楚なイメージを与えます。

また、ストッキングは黒はカジュアルな印象を与えてしまうのでベージュにしましょう。

時計

時計は社会人としてのマナーなので、必ず付けるようにしてください。

付けないからといって落ちるわけではありませんが、気にする面接官の方は気にします。

色は革の場合は黒や茶色やベージュなどのシンプルなものにし、派手なものはやめましょう。

また、シルバーのものの場合、重量感がなく軽量感のあるものにしましょう。

あまりに高級すぎる時計や金色の時計もイメージとしては良くないのでやめたほうが良いでしょう。

カバン

カバンも面接では十分に目の付くものです。

ビジネスの場ということを理解してその場に合ったものを選ぶようにしましょう。

色は黒や紺、ベージュや白など落ち着いた色のものを使用するようにしましょう。

素材は革か合皮のもので、長く使っても傷みにくいものにしてください。ナイロン素材も悪くはありませんが、革製品の方が良いでしょう。

大きさ

面接が始まるとその企業のパンフレットを頂くことがあります。

そのため、カバンの大きさはA4サイズのパンフレットがしっかりと入るのものが良いです。

また、カバンは面接中は椅子の横に置く場合があるので自立するタイプのカバンにしましょう。

椅子や壁に立てかけるのを見るとだらしなく見えてしまいます。

メガネ

メガネはつけている人を知的なイメージにしてくれます。

そのため、普段メガネをかけたりかけなかったりしている方は、その企業の雰囲気に合わせてコンタクトレンズかメガネかを使い分けましょう。

また、メガネに関しては派手なものでなければ特に悪い印象を与えるものではないので、自分にあったものを選びましょう。

就職活動時の髪型や服装のNGポイント

服装は、好印象になるものもあれば悪印象をあたえてしまうものまで様々あります。

続いては、面接時の服装でNGのものを見ていきましょう。

服装・髪型ばかりに気を取られて足元を疎かにする

よくありがちなミスではありますが、「スーツ・髪型はビシっと決まっているのに、足元の靴が何だか汚れている・・・。」という方が見受けられます。

「お洒落は足元から」という言葉もあるくらいです。足元も重要なポイントの一つですので気を付けましょう。

中には特に気にしない面接官の方もいるとは思いますが、「備えあれば憂いなし」です。

面接の前には革靴をしっかり磨いて面接に臨むようにしましょう。

女性の場合は派手なメイクやネイルは避ける

お洒落が好きな女性ほど、大事な転職活動に向けてメイクなどにも普段より気合いが入ってしまう、という方もいらっしゃるかもしれません。

アパレル業界などでは、あなたのセンスをアピールすることも必要ですが、逆にそれ以外の業界であれば、メイクは控えめにしましょう。

ネイルについても、転職活動時には控えるべきです。

「自由な服装でお越しください」と言われた時は?

たまに転職活動で見かける「自由な服装でお越し下さい」という表現。僕はよく、「これは罠だ!」と思っていました。(笑)

しかし、実際には本当に自由な格好で行ってから、周りが正装をしていて窮屈な思いをしたと言う方が多くいます。

もし、どんな服装にした方が分からないという方がいたら、明確な答えがあるとすればスーツで面接に行くことが最も無難と言えるでしょう。

クリエイティブ系の業種・アパレル系の業種であればその限りではありませんが、基本的にスーツを着ていけば大きな失敗にはなりません。

上で話した服装を最低限守って、周りと温度差があって居心地が悪いという雰囲気にならないようにしてください。

まとめ

女性の場合はファッションに気を使っている方も多いと思いますが、転職活動はビジネスの場でもあります。

あまり自分らしさを出しすぎて派手な服装やお化粧にしてしまわないように清潔感があって多少無難とも言える格好を意識しましょう。

上記の服装に気を付ければ面接官にとってあなたは清潔感のある人として好印象をもってくれます。

見た目でマイナスの印象を与えて面接中に自信をなくしてしまわないよう、第一印象から気を引き締めていきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です