失業中の有意義で充実な過ごし方とは?転職を有利にするための時間の使い方

どうもたいちです。

失業中、時間は暇になるくらいあるけど実際に何をやれば良いのか分からないという方は多いと思います。

1日中趣味に時間を費やすのも気分転換として良いですが、失業中とだけあって後ろめたさが残るんですよね。(笑)

かといって就職活動の準備にそこまで時間はかからないしな、と考えている方もいるはず。

今回はそうやって考えている方のために、失業中にする有意義な過ごし方と次の転職先を見つけるための5つの方法をお伝えします。

失業中の期間を有意義に過ごす5つの方法

失業中の時間、働いているときよりも時間があるので、ちょっとくらいしても良いだろうと軽い気持ちで時間を趣味や娯楽に費やしてしまっているんじゃないでしょうか。

ハリィくん

やりたいことがたまってたから趣味に費やしても良いかも。買い物に映画鑑賞に読書に釣りに・・・。
ちょっと待って。確かに仕事終わって開放感から趣味に時間を費やすのはいいけど、はっちゃけすぎに注意!次の転職活動の準備もしなきゃだよ。

たいち

趣味に時間を費やしすぎに注意して、これからお伝えすることを並行して十分に行ってください。

この行動を起こすだけで後悔のない転職活動ができるようになりますよ。

自己分析を行う

自己分析をしっかりしていますか?

「学生時代の就職活動は自己分析をしっかりしていたけど、社会人になってから自己分析をしてない・・。」という方は多く見られます。

学生時代の自己分析を再度使うなんてナンセンスです。

人間は時間とともに成長していくのですから、学生時代から自分が変わっていないなんて有り得ません。どれだけ短い時間だろうが、自己分析はしっかり見直しましょう。

ハリィくん

自己分析って簡単なようで難しいんだよね。どうやってやれば良いのかな?

自己分析は、箇条書きでも良いのでしっかりピックアップして、自分の経験を時系列で書くと良いです。

頭の中で想像するだけでは曖昧でもOKとしてしまうので、面倒くさがらずに実際に紙に記載してみましょう。

自己PRや志望動機の見直し

就職活動でなんといっても重要なのが自己PRと志望動機です。

この2つに関しては何度添削してもしすぎるということはありません。

私の場合は、自己PRは3つほど作成して受ける会社の業務によって使い分けました。自分自身の武器はなんなのか、上記で考えた自己分析を元に分かりやすく簡潔な文章に落とし込みましょう。

また、志望動機もどの会社でも通用するような言い回しの文章は面接官も見抜いています。出だしは同じでも良いかもしれませんが、アピールポイントはしっかりとその受ける企業に合わせて作成をしましょう。

ハリィくん

どこでも通用するような言葉じゃなくてその企業だけになるような自己PRと志望動機がいいんだね。
「この志望動機があればどこの会社でも通用するからもう考えなくてすむぞ〜」という志望動機は危ないよ。全部変える必要はないけどその企業の魅力をちゃんと伝えよう。

たいち

志望動機を考える時によくあるのが、何を志望動機にして良いか分からないということです。

あなたがその会社を受けると決めたポイントは一体何なのでしょうか。さすがに給与が良いからとか家が近いからとかは書けませんが、それだけではないはずです。

「職場の雰囲気が良さそう」や「自分のスキルを活かせそうだから」も立派な志望動機です。

嘘はかかず、しかし余計なことは言わずに正直な気持ちを志望動機に入れ込みましょう。

採用企業をくまなく探す

就職活動が終わって実際に入社してみると「思っていた会社と違った!!」なんてことはよくあることです。

入社してから後悔してももう遅く、また就職活動をする羽目に・・・。

ハリィくん

転職活動中に楽しちゃうと入社後にひびいちゃうのか。
転職活動は出来る限り時間を費やしたほうが良いよ。じゃないと後で自分が苦労しちゃうからね。

たいち

実際に私も入社直後に後悔した経験があります。

しかし、これは誰が悪いかと言うと自分なんですよね。採用活動している会社を見るのが面倒くさいという理由で妥協してしまい、採用企業の調査を途中で止めてしまいました。

入社してから思うのはその後悔。

そんな後悔をしないために、採用活動をしている企業はくまなく探しましょう。

転職サイトの登録も1社だけではなく複数社登録すれば企業なんて見きれないほどあります。

何に登録すれば分からず迷っている方はリクナビNEXTに登録しておけば数多くの求人があるので間違いはないでしょう。

もしかしたら、今の第一志望の企業よりも良い条件、良い雰囲気の会社はたくさんあるかもしれませんよ。

資格の勉強を行う

就職に少しでも有利になるように資格の取得を試みましょう。

かといって難しい資格を取得するほど時間はないし、試験日もしばらく先であれば受けることすらできませんよね。

そんな場合はこちらの、就職で有利になる上、簡単に取得できる資格一覧を参考にしてください。

就職や転職に有利!短期間で簡単な取得しやすい資格おすすめ10選
資格はまずは「受けたいもの」と「受験日」を見てから決めましょう。受けたい資格を勉強していざ受験日を見たら、しばらくなかったなんてこともあります。

たいち

ただ、今では毎週のように試験を行っている資格やPCから受けられるものまであるので、受験日さえあえば自分の目指す企業に関わる分野の資格はぜひ取るようにしてください。

インターネットや本で情報収集

今、就職活動のネタやコツはインターネットで簡単に検索ができ、そこら中に転がっています。

少しの時間でも、今あなたがやっているように就職活動の情報収集すると結果は変わります。

就職活動で不安なことがあったら、すぐネットや本で解決策を探す癖をつけましょう。

この調べる癖が仕事でも活きてきます。

ハリィくん

疑問に思ったらすぐ調べるのは僕も見習いたいなぁ。
情報を制するものが転職活動を制すと言っても過言じゃないからね。

たいち

また、読書はあなたの気持ちを前向きにしてくれる効果もあります。僕も失業中で辛かったときは読書をして気持ちを落ち着かせたものです。

さらに、新しい発見や社会復帰したらやってみたことも発見できたんですよね。読書は本当におすすめです!

1日は誰でも24時間!時間の使い方で就職活動が決まる

1日の時間24時間。これは誰でも同じです。

しかし、この時間の使い方次第で就職活動の成功・失敗が決まると言っても過言ではありません。

ハリィくん

やりたいことをやると時間がいくらあっても足りないもんね。
うん、それは誰でも同じでそれでも転職活動に時間を割いた人が良い企業に巡り会えるんだ。

たいち

確かに就職活動は不安にもなりますし、決まらないストレスなど身体の負担になることは多くあります。なので、気分転換に趣味に費やすなとは言いません。

しかし、過剰に趣味や娯楽に時間を費やすようであれば、ちゃんと自分を見つめ直してください。仕事が始まったら忙しくて自分を見つめ直せないかもしれません。

そんな中、自分のことを見つめ直せる今の時間は、かなり貴重なんです。

1日という時間をもっと有効活用して、あなたの就職活動の質を高めていきましょう。

採用企業を探すには転職サイトを使うべし

今回話した内容で、採用企業をくまなく探すと伝えましたが、もし転職サイトにまだ登録していないのであればリクナビNEXTがおすすめです。

ハリィくん

リクナビNEXTが何でおすすめなの?
たくさんあるんだけど、採用企業を探すにはもちろん求人数が多いほうが良いからね。他にも信頼性という意味でリクナビNEXTは超おすすめだよ。

たいち

リクナビNEXTはたくさんの求人があるので自分に合った企業が見つかりやすいですし、転職のマニュアルも見ることができます。

リクナビNEXTについて詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

【転職サイト】リクナビNEXTの評判!メリット・デメリットや登録すべき人は?

まとめ:転職活動は失業中の過ごし方で決まる!

就職活動をやっていると社会人のときと違い、時間がたくさんあるように感じてしまいます。

そのため、少しくらい羽根を伸ばしても良いだろうと娯楽に走ってしまう気持ちは分かります。

しかし、それもほどほどにしなくては歯止めが聞きません。

今回お話した以下の5つの中で、今自分がやるべきことをやればやるほど自信を持って面接に挑めるようになります!

要点まとめ

  • 自己分析を行う
  • 自己PRや志望動機の見直し
  • 採用企業をくまなく探す
  • 資格の勉強を行う
  • インターネットや本で情報収集

もし娯楽をしすぎてると自覚があるのでしたら、1日の内の少しでも就職活動の時間に当てられるようにしていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です