転職活動は働きながら?退職してから?メリット・デメリットをまとめてみた

どうも、たいちです。

転職活動は、新卒の就職活動とは大きく異なり、時間・金銭面で大きく制限されます。

働きながらという時間は制約されながらも行う転職活動と、退職してからじっくり腰を据えて行う転職活動は双方にそれぞれのメリット・デメリットが存在します。

辞めてから転職活動をしても問題はないのかと疑問に思っている方。あなたにとってどちらの選択が良いのか。

当記事では、双方のメリット・デメリットを洗い出してできる限り紹介できるようにまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

働きながらと退職してからの転職活動の成功割合はどれくらい?


働きながらと退職してからの転職活動はどちらが成功者の割合が高いのでしょうか。

転職サイトのアンケートによると、以下の結果となっています。

  • 働きながら転職をして成功だと思った:93%
  • 退職をしてから転職をして成功だと思った:73%

つまり、働きながら転職活動をしたほうが成功した人が多いということですね。

ハリィくん

じゃあ、働きながら転職活動をしたほうが成功しやすいんだね!
でも一概にそうは言えないんだ。転職活動ができないような環境ではたらく人が無理やり転職活動をしても、ろくに企業研究ができないまま転職してしまう人もいるからね。

たいち

つまり、アンケートでは数字ででていますが、必ずしも働きながらが良いというわけではありません。それぞれのメリット・デメリットをしっかり把握して自分にあった転職活動をしていくようにしましょう。

働きながら転職活動のメリット


働きながらの転職活動ではどのようなメリットがあるのでしょうか。確認していきましょう。

金銭的な余裕を持った転職活動が出来る

非常に現実的なメリットではありますが、それは金銭面です。

退職してからの転職活動でも少額のお金を得ながら転職活動を行うことは可能ですが、フルタイムで働いて得る給与には遠く及ばない額です。特にあなたがご家庭を持っている方であれば、家族に金銭的な面で不自由をさせてしまう可能性もあるため、その場合は働きながら転職活動を行うべきと言えます。

ハリィくん

転職活動は色々とお金がかかるもんね。
うん、転職活動は決して短い期間で終わるものじゃないからね。金銭面が厳しくなって焦って転職先を決めてしまう心配はないのはメリットだよ。

たいち

金銭的に余裕がなくなると、思っている以上に自分にも余裕がなくなってきます。大変かもしれませんが、金銭的余裕が無い場合は働きながら転職活動を行ったほうが良いと言えるでしょう。

ブランク期間の心配がない

転職活動でブランク、つまり空白期間があると面接でつっこまれてしまったりします。

少しのブランクであればそこまで問題はないのですが、半年やそれ以上となると面接である程度しっかりとした理由がないと計画性がない人間だと思われてしまうこともあります。

ハリィくん

ブランクが嫌で焦って転職先を決めちゃうのか。
その心配がないのが働きながらの転職の良いところだね。

たいち

金銭的余裕と同じで、ブランクができてしまう焦りから転職先を適当に決めてしまわないのはやはり働きながら転職活動の強みですね。

退職してから転職活動のメリット


それでは、続きまして退職してから転職活動のメリットを見ていきましょう。

十分な時間の余裕が出来る

働きながらの転職活動と比較すると、スケジュールの管理が非常に容易なため、自分が望むだけの企業の採用試験を受けることが可能です。

特に面接の大多数が平日であることから、その点では働きながら行う転職活動と比較すると大幅なメリットがあると言えます。

ハリィくん

働きながらだと土日だけしか動けないとか先の予定が組みづらかったりするもんね。
週に2日しか休みがないと週に1回とか2回しか面接を受けられないから転職が先延ばしになっちゃうんだ。すぐ転職を考えている人にとっては行動しやすいというのは大きなメリットだね。

たいち

情報収集の時間がしっかり取れる

働きながらだと仕事後に企業研究や情報収集をしたりしなくてはいけなく、妥協した企業研究になってしまったりします。また、休みの日は面接をしたりと疲れてしまい、転職活動に費やす時間が減ってしまいます。

ハリィくん

休みの日に企業研究なんてしたくないよー。
とくに残業が多い職種では転職活動の負担が大きくて、自己管理をしっかりしないとズルズル転職期間が伸びちゃうよ。

たいち

こういったことから退職してからの転職活動は情報収集ができたり、自身の負担が減ったりとメリットは大きいといえるでしょう。

資格やスキルを得ることができる

転職活動では、未経験から転職する場合もスキルアップの転職を狙う場合も、資格やスキルといったアピールポイントがあると有利になるの言うまでもありません。

そんな資格やスキルを学びながら転職活動をする時間があるのも、退職してから転職活動を行うメリットといえます。

ハリィくん

資格やスキルは何を取得したらいいかが分からないよ。
資格については僕のおすすめ資格10選を紹介しているからぜひ参考にしてね。

たいち

特に、退職をしてから転職活動が長引いてしまうとブランク期間について質問をされることもありますが資格やスキルなどでアピールができればその質問に対してもうまく返答することができますので、資格やスキルは時間に余裕があればとっておいたほうが良いでしょう。

ただ、資格に集中しすぎて転職活動がおろそかになってしまっては本末転倒なので、転職活動とのバランスを考えるようにしましょう。

働きながら転職活動のデメリット


では、これからデメリットについて見ていきます。まずは、働きながら転職活動のデメリットはなんなのでしょうか。

時間の制約が非常にシビアである

これまで通り、フルタイムで仕事をしながら転職活動を行うわけですから、時間を作らなければ転職活動は行うことは出来ません。一部の企業は在職中の転職活動者向けに、土日に面接を行ったりするケースもありますが、大多数の企業は平日に面接を行います。

そのため現職の企業で有給休暇や半日休暇等を取得しなければ、転職活動を行うことは非常に困難と言えます。企業によっては比較的遅い時間でも面接を行ってくれる企業もありますが、普段の業務で残業が多い方はその方法を選択することは難しいでしょう。

ハリィくん

有給が取得しにくい企業もあるんだよね?
有給は労働者の権利だからね。本当に転職がしたいなら多少気まずくても有給取得をするようにしよう。決して悪いことをしてるわけじゃないんだから。

たいち

ただ、業務都合で有給が取れなかったり連続で有給は取得しにくいなどある程度遠慮する必要はあるかと思います。そのため、働きながらの転職活動ではある程度志望企業を取捨選択することが求められます。

急募の求人に関しては選考で不利になる

働きながら転職活動をしているということは、退職後の人に比べて退職をするという行動が入るため、入社するまでの時期がワンテンポ遅れます。

急募の会社はすぐにでも人が欲しいわけですから、入社が2ヶ月後になりますとなった場合に選考で不利になる可能性が高いでしょう。

ハリィくん

急募だもんね・・・。
ただ、本当に入りたい場合であれば熱意を伝えれば待ってもらえたりもするよ。大きい会社であればあなたの他にもう1人雇ったりするケースもあるんだ。

たいち

決して受からないというわけではないので、本当に入社したくて熱意を伝えられるのであればそこまで問題になることはないのかもしれません。

新しい資格やスキルを身につけにくい

働きながら転職活動を行っていると資格の勉強や資格の受験をしている時間があまりないので、今の職場でのアピールをするしかありません。

ハリィくん

資格やスキルを身につけなくてもスキルアップの転職はできるの?
十分に可能だよ。むしろ今の職場でアピールすることがあれば資格やスキルを新たに身につける必要はそこまでないよ。

たいち

アピールできるものがあれば特に気にすることはありません。資格をもっていなければ選考に通らないなどでなければ、今の仕事でのあなたの強みを伝えるだけ十分でしょう。

退職してから転職活動のデメリット


では、続きまして退職してからのデメリットについて見ていきましょう。

金銭的にシビア

転職活動には想像しているより費用がかさむケースがあります。

一次面接では交通費等が支給されないケースも多く、遠方の企業を志望する場合は最終面接等まで選ばれない限りは交通費は実費となります。

ハリィくん

交通費もたくさん重なるとかなりの出費になっちゃうよね。
他にも面接と面接の間のカフェで時間つぶしだったり、飲食代だったりを考えると思っている以上の出費になってしまうんだ。

たいち

失業保険等に加入していれば給付金を得ることも可能ですが、フルタイムで働いた場合の給与には遠く及ばない金額のため、貯蓄に余裕のない限りは退職してからの転職活動は避けるべきでしょう。

精神的に追い込まれた転職活動となる可能性がある

上記の通り、金銭的にシビアな状況となる可能性があるため、次の勤務先がなかなか決まらないと、その焦りから精神的に余裕がない転職活動となってしまう可能性があります。

転職の機会というのは何度もあるものではないため、納得の行くまで転職活動をすることが望ましいと言えますが、「次を早く決めなければならない」という焦りは、転職先を決める判断を鈍らせてしまう可能性があります。

ハリィくん

確かにお金がなくなると選んでいる状況じゃなくなっちゃうね・・・。
貯金は十分にもっておいて、計画的に使うようにしようね。退職してからの転職活動では無駄な出費は厳禁だよ。

たいち

自己管理ができないと堕落してしまう

自己管理ができないと堕落してしまいます。趣味に時間を使ったり寝すぎてしまったり、昼夜逆転生活になってしまうなんてのは最悪です。

ハリィくん

ニートみたいになっちゃう可能性があるんだね。
自己管理をしっかりするためには、スケジュール帳を購入してスケジュール通りに行動するようするのが良い方法だよ。

たいち

転職活動にスケジュール帳は必須なので、必ず持つようにして自己管理を徹底しましょう。

失業期間が長いと選考に不利

失業期間が長くなってしまうと選考に不利になってしまいます。その焦りにより転職先を適当に選んだり妥協してしまうのが、退職してからの転職活動の1番のデメリットかもしれません。

ハリィくん

ブランク期間が伸びるのは怖いよ・・・。
その分、時間はあるんだから妥協しないでスピーディに転職するようにしよう。もし難しい場合は資格を取得するなりしてブランク期間について聞かれたときにうまく答えられるような準備が必要だよ。

たいち

ただ、失業期間が伸びるのを恐れて転職先を妥協することは絶対しないようにしましょう。これでブラック企業に転職して再度転職活動となったら目も当てられません。

まとめ

働きながらと退職してからの転職活動のメリット及びデメリットを紹介しました。

ハリィくん

結局どっちがいいんだ?

それぞれ転職活動では環境が違うためどちらが正解というのはありません。あなたの現在の状況と照らし合わせて決めるようにしましょう。

もし、今すでに退職してしまっている状態ならばメリットとデメリットを考えている時間すら勿体無いので、今すぐ行動をするようにしましょう。

それでは、今回の内容についてまとめます。

《働きながら転職活動》
メリット
・金銭的な余裕を持った転職活動が出来る
・ブランク期間の心配がない
デメリット
・時間の制約が非常にシビアである
・急募の求人に関しては選考で不利になる
・新しい資格やスキルを身につけにくい
《退職してから転職活動》
メリット
・十分な時間の余裕が出来る
・情報収集の時間がしっかり取れる
・資格やスキルを得ることができる
デメリット
・金銭的にシビア
・精神的に追い込まれた転職活動となる可能性がある
・自己管理ができないと堕落してしまう
・失業期間が長いと選考に不利

何度も言うようですが、どちらが良いかはあなたの置かれている環境によって異なります。

上記のメリット・デメリットをしっかり把握した上で、あなたにとって最もメリットのある転職活動を行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です