【実体験】仕事が辛いと思う20代の方へ|気が楽になる方法と考え方を教えます

どうも、たいちです。

仕事は楽しいと思っている人よりも、楽しくないまたは辛いと考えている人が多くいます。

とくに20代であれば社会人経験もまだ少なく、仕事も分からない上に先輩や上司から指示が多いので辛いと感じる可能性は高いです。

それでも根性で毎日会社に行って、会社でストレスを抱え、夜遅くに帰宅してと働きづくめで毎日を繰り返していると、どう見ても身体や精神を壊してしまいますよね。

何よりも優先なのは、あなたの身体と心であり、そのためには心を軽くする必要があります。

今回は、20代で仕事が辛い、楽しくないと考えている方が気持ちが楽になる方法を紹介したいと思います。

これは僕の実体験でもありますので、この方法で気持ちが軽くなるのは間違いありません。

仕事が辛い20代の気が楽になる方法

20代の方は仕事で覚えることがあったり、周りに年上が多かったりと大変なことが多くあります。

なので仕事が辛くてしんどいと考える方はたまにいるんですね。

そこで仕事が辛いと考える20代の方の負担を減らす方法があるので紹介します。

それは逃げ道をつくることです。

ハリィくん

逃走ルートってこと?
多分、イメージしているのと違うかもしれないね。(笑)
簡単に言うと、本当に耐えられなくなったときのために辞めても良いと自分に言い聞かせる道のことだよ。

たいち

ここでさらに説明すると、逃げ道と言っても本当に走って逃げ出すとかではなくて、転職する準備をするということです。

これは本当に転職をするということではなく、「自分自身に転職という道もあるよ。」と気付かせてあげるんです。

こうすることで、一気に気持ちが楽になります。

気持ちが楽になる理由は、転職する準備をすることで、仕事に耐えるという一択しかない状態から仕事に無理して耐えなくても良いという選択肢が増えるためです。

ハリィくん

そっか、転職の準備をしないと耐えるしかないんだもんね。
「本当にもう無理だ!転職するぞ!」と思ってから行動じゃ遅いからね。
そのときにはメンタルもやられている可能性もあるし、そうなってからじゃ遅い。
20代なら転職できる会社はたくさんあるよ。

たいち

転職のことを考えないのは、ボクシングでいうならロープまで追い詰められている状態です。

辛い状態を真正面から受け止めるだけになってしまいます。

これが転職という考えを自分に与えてあげることで、逃げ道ができます。

つまりロープが後ろにない状態です。

ロープに追い詰められたボクサーと、後ろにロープがないボクサーはどっちが気持ちが楽か明白ですよね。

逃げ道を自分に与えてあげるというのは、これほど圧倒的に気持ちが軽くなるのです。

考え方が変われば身体や精神の負担も減る


転職という逃げ道を考えれば一気に身体面や精神面で気持ちが軽くなります。

仕事の辛さという現状は変わってないのですが、考え方次第で負担が減るということが分かります。

ハリィくん

減るって言ってもどれくらい減るの?
今まで職場で愛想笑いもできないくらい追い詰められていた人が、職場で笑顔になれるくらい気が楽になるよ。
転職するわけでもないのに不思議なものだよね。

たいち

これ、嘘のようで本当に気持ちが楽になります。

ここで辛いのにも関わらず行動しない人もいますが、ここであなたが行動しないと現状は変わらないので注意してください。

20代の方の辛い気持ちが軽くなるための転職準備の方法

では、次に転職の準備について見ていきましょう。

この通りにやるだけで、考えが変わり気持ちが軽くなりますので同じように進めてみてください。

転職サイトに登録する

まずは転職サイトに登録してみましょう。

登録することで一気に現実味が出てきて気持ちが強くなります。

ハリィくん

転職サイトに登録すればいいんだね。
転職サイトは多いほうが色んな企業が見れていいけど、まずはリクナビNEXTに登録しよう。

たいち

登録にまずはリクナビNEXTは必要ですね。

企業数もトップクラスですし、信用できる会社なのでここは絶対登録必須です。

簡単なので今登録しちゃいましょう。

転職サイトを見てみる

次に、登録したリクナビNEXTを見て魅力的な企業を探します。

企業を探しているうちに魅力的な会社は見つかるはずです。

そういった企業を見つけられればこっちのものです。

ハリィくん

魅力的な企業って見つかるものなの?
リクナビNEXTであれば企業数も多いから自分の理想を絞って検索しても見つかるはずだよ。

たいち

魅力的な会社とは、この企業にはいざとなったら転職しても良いなと考えられる会社のことです。

転職の条件を満たしているのであればそれが良いのですが、満たしていなくても「そんな会社はあるんだな。」と視野が広がるのでまずは魅力的な企業を探しましょう。

理想の自分を想像してみる

次に理想の自分を想像してみましょう。

上で探した魅力的な転職先に就職した自分を想像するということです。

希望の転職先の企業は数が多いほど自信がつきます。

ハリィくん

希望の転職先がたくさんあるよ。
見つけるだけでも安心感が出てストレスは軽減されるよ。
色んな会社を見ること視野も広がるよ。

たいち

「こんな辛い会社だけじゃないんだ」と自信もついて気楽になるはずです。

本当に辛くなったら本当に転職活動する可能性もあるので、気になる企業はブックマークをしておきましょう。

いざというときのために準備するとより気楽になりますよ。

転職することは無責任なことじゃない

ここで「転職することは無責任だ!」と言ったり、「会社がここまで育ててやったんだぞ。」という人もいます。

ハリィくん

あぁ、いそう・・・。
そういうこと言うから退職者が出るのにそう言ってくる人がまだいるからね。
自分が悪いんだ、と思わないようにしよう。

たいち

転職することは決して無責任ではありません。

無責任ってどこが無責任なんでしょうか?

社員がここまで辛いと言ってるのにフォローもしないし退職もさせないんですか?

どっちが無責任ですか?

言葉には出さない方が良いですが、心はこれほど強気にいってしまっても大丈夫です。

転職することが会社に対して無責任だと感じているのであれば、そんなことは全くないので安心してください。

まとめ

仕事が辛いと思う20代の方へ、気持ちが楽になる方法と考え方を紹介しました。

今は転職先の企業も良いところが多いので、「そんな魅力的な会社へ転職してやるぞ。」といった気持ちを持ちましょう。

ハリィくん

転職先に魅力的なところが思ったよりも多くて安心したよ。
今は優良企業も転職を募集しているからね。
耐えなくても別の道があるって自分に言い聞かせるだけで思った以上に気持ちが楽になるから本当にやったほうが良いよ。

たいち

転職という選択肢を増やしたのは強いですし、今後必ずあなたのためにもなります。

損にはなりません。

そして、本当に辛くて限界になったら身体や精神を壊す前に転職を検討しましょう。

無理だけはしないように、仕事のプレッシャーを減らしていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です