仕事が忙しくてゲームができないなら思い切って転職してしまえ!

どうも、たいちです。

よくある悩みに、「ゲームをしたいけど、仕事が忙しくてゲームができない。」というものです。

この悩み、一見考えが甘いように感じますが、かなり重要な問題です。

結論からいってしまうと、僕はこういった場合は視野を広げて自分の時間を作れるような会社への転職を勧めています。

なぜ、仕事が忙しくてゲームができないだけで転職を勧めるのか。

これについて掘り下げて見ていきましょう。

「仕事が忙しくてゲームができない」は思った以上にストレスがかかる

「仕事が忙しくてゲームができない」というのは思った以上にストレスがかかります。

ハリィくん

え、ゲームができないだけなのに!?
「自分の時間がない!」よりも「ゲームができない!」の方が深刻なんだ。

たいち

というのも、「ゲームがしたい。」というのは、具体的なストレス解消法がわかっていますよね。

それにも関わらず、仕事によってゲームができないというのは精神的に辛くなってしまう可能性があります。

最悪になってしまえば、うつ病ということで仕事を辞める羽目になることもあります。

ハリィくん

うつ病は大げさじゃない?
うつ病は15人に1人がなる病気。しかも年々増えてきてるんだ。
決して他人事じゃないんだよ。

たいち

「うつ病は大げさだよ。」と思うかもしれませんが、うつ病はこういった小さなストレスから影響されます。

「仕事が忙しくてゲームができない」を解消するための方法

仕事が忙しくてゲームができないのであれば、時間をつくるしかありません。

冒頭でも話しましたが、僕としては正直いうと転職をおすすめします。

ハリィくん

じゃあ、転職すればいいんやん。
でも転職には労力がかかるから、もしこれから紹介する方法を考えてほしいかな。
短期的にでしか解消できないのであれば、次こそ転職だね。

たいち

転職にも労力をつかってしまうというデメリットがありますので、もしこれから紹介する方法でゲームをする時間が確保できるのでしたらそれが1番です。

今から紹介する方法をちょっと頭で考えてみて、長期的に問題解決できそうであれば実行していきましょう。

通勤時間を減らす

ゲームをする時間がないということは、単純に考えて家にいる時間を増やせば良いのです。

そして家にいるための1番簡単な方法というのが通勤時間を減らすことです。

そして、通勤時間を減らすためには引っ越すことです。

他には会社を変える方法もあるのですが、それは転職という方法になってしまうので、ここでは引っ越しとします。

ハリィくん

引っ越しかぁ、そんな簡単にできないよね。
でも本当にゲームがやりたいのであれば無駄な出費ではないはずだよ。

たいち

これは一軒家や実家住まいでは難しい方法ですが、一人ぐらいで通勤時間が片道1時間半とかあれば十分に試す価値があります。

ただ、片道1時間以下であれば引っ越してもそこまで自分の時間は増えないでしょう。

また会社までの距離が遠すぎず、これ以上通勤時間を削ることができないのであれば次の方法を参考にしてください。

残業を減らす、またはしない

これも時間を増やすための方法ですね。

残業を減らす、またはしないようにするです。

仕事をしている上で何よりも時間を消費してしまうのが残業です。

残業をしないように先輩や上司に相談したり、定時後はあえて相談する必要もないので帰ってしまいましょう。

「仕事をしているんだから残業は当たり前だ。」と考えている方は要注意です。

残業は当たり前ではありません。

残業が当たり前の会社で働いていると考えが麻痺してしまうんですが、残業がない会社はたくさんあります。

ハリィくん

残業が当たり前の会社にいる人は、残業がない会社に入って驚くっていうよね。
残業がないのが都市伝説だと思ってしまうんだよね。
実際に僕もそうだったからね・・。(笑)

たいち

ハリィくん

あ・・・。

残業を減らすかしなくなるように、上司に相談したり勇気をもって帰ったりしてみましょう。

残業が当たり前の雰囲気をぶち壊すように行動するのがポイントです。

有給を消化する

有給をつかって、1日リフレッシュな期間を定期的に設けていきましょう。

これも残業と同じで、有給を使用できないなんていう環境の会社であれば変えていく必要があります。

有給は権利ですので、上司に相談する必要はなく、「◯◯月◯◯日に有給取得します。」と、これでいいんです。

ハリィくん

そんなこと言ったら怒られちゃう会社もあるんじゃない?
でも、有給をとるように相談するっていう考えが間違ってるからね。
有給はとれるべき権利なんだよ。

たいち

ただ、「今日ゲームしたいから有給とろ!」などその日に突発でとるのはあまり良くありません。

スケジュール調整をして余裕のある先の日に有給をとりましょう。

あと、有給はできれば月1くらいでとると心も身体もリフレッシュできますよ。

仕事の忙しさが解消できないならば思い切って転職してしまえ!

上で紹介した時間を減らす方法を頭の中で考えてみてください。

もし可能であればそれで良いですが、長期的に考えて無理なようであればやはり転職がおすすめです。

僕は転職して、残業時間が『120〜150時間→20時間』になりましたが、転職前は残業が当たり前の考えが染み付いていました。

ハリィくん

うっわ、めっちゃ残業時間減ったね。
単純に考えれば、月に100時間以上もゲームができるようになったってことだね。(笑)

たいち

なので僕がここまで転職を勧めるのはこういうことです。

ちなみに僕が転職して利用したのがリクナビNEXTでして、これは間違いなく登録必須ですね。

信頼性もあって求人数もトップクラスです。

転職サイトは複数登録すべきですが、転職に成功した僕目線からでもリクナビNEXTは必ず登録しておいたほうが良いです。

リクナビNEXTの詳しい内容はこちらからどうぞ。

[st-card id=1489 ]

時間をつくるのが難しいのであれば、自分から動くしかありません。

会社を変えようとしても、結局は他人を動かすわけなので思った以上に労力をつかいます。

でしたら、今の会社の悪い点を改善するような転職活動を行いましょう。

まとめ

仕事が忙しくてゲームができないなら思い切って転職してしまえということを紹介していきました。

ハリィくん

まさかこんな悩みからここまで話せるとは。
何度も言うようだけど、具体的にやりたいことができないのは本当にストレスだからね。
行動をしっかりしていこう。

たいち

では今回の内容をまとめてみましょう。

内容まとめ

  • ゲームという具体的なストレス解消ができないのは黄色信号
  • 時間をつくりたいなら今の環境と会社を変える
  • 変えられない、または長期的に続かないのであれば転職活動をする

「ゲームができない」という、一見小さな悩みのようにも聞こえますが、爆発してしまうとゲームをひたすらやり続けてゲーム依存になってしまう可能性もあります。

最悪な結果にならないように、早めの行動を起こしてストレス解消を心がけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です