MOS資格は履歴書に書いても恥ずかしくない?就職に有利で独学可能?

どうも、たいちです。

有名な資格にMOSというものがあります。

MOSとは、正式名称でマイクロソフトオフィススペシャリスト(Microsoft office specialist)というもので、名前の通りOffice系の資格になります。

MOSは数ある資格の中でも比較的簡単に取得することができる神のような資格です(笑)

ただ、比較的簡単に取得ができるために、「就職や転職での面接で有利には働かないんじゃないか?」と気になる方もいると思います。

実際、MOSは就職活動で有利なのでしょうか?まずはMOSについての詳細を確認してから、MOSが実際に面接で有利になるかどうかを見ていきましょう。

さらに、短期間で合格できる独学での勉強方法も合わせて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

MOSは就転職活動で注目される資格

MOSとは、正確にはマイクロソフトオフィススペシャリスト(Microsoft office specialist)の略です。

ビジネスパーソンなら誰でも使ったことが有り、ほとんどの職場で使用する機会のある、Microsoftのoffice製品の使い方をマスターしていることの証明になるものです。

あっ、ちなみにOffice製品とは、「Word」「Excel」「PowerPoint」といったものですね。

就職・転職活動の場面では「ワード・エクセル・パワーポイントを自由自在に使えますよ。」ということが話題として取り上げられる事が大変多いですが、MOSは口頭での説明に限らず事実使いこなせる事を証明する資格です。

それでいて難易度はそれほど高くありませんので「短期間で取得できて履歴書に書ける資格が欲しい!」という方にはおすすめです。

これだけ一般的になっているにもかかわらず重要視されるのは、日頃ビジネスの場面でそれだけオフィスソフトの使いこなしが必須スキルとなっているからです。

ハリィくん

MOSを持っていると、WordとかExcelとかPowerPointとかが使えるってアピールできるんだね!
うん、そうだね!WordやExcelなどのOffice製品は今ではほとんどの会社で使用しているし、短期間で取得できるからとってもおすすめの資格なんだ。

たいち

MOSの中でもオススメはWordかExcel

MOSは以下の計5科目からなっています。

  1. Word
  2. Excel
  3. PowerPoint
  4. Access
  5. Outlook

これらの科目ごとに受験することができます。

「この中で何を受けたらいいか分からない!!」という方がいたら、僕はこの中でも断然WordとExcelがおすすめです。

理由は単純で、この2つが他の3つに比べて圧倒的に使用する会社が多く使用頻度が多いからです。

ハリィくん

WordとExcelが特に使われているんだね!
あくまで何を受けて良いのか困ったら参考にして欲しいという感じかな。もちろん応募した会社で1番使用しているものが分かるならそれが1番良いよ。

たいち

2つ受けても良いと思いますが、時間がなくてどっちかしか受けられないという方は、僕はExcelをおすすめします。

2つとも使用している会社は多いですが、さらにExcelはWordよりも需要が高いですからねぇ。

ただ、Wordが得意という方はぜひWordを受けてください。Wordももちろん需要が高いので。

それでは、ちょっとこの2つに焦点を絞ってWordとExcelがどういうものかを見ていきましょうか。

Word(ワード)

Wordとは文書作成に特化したソフトウェアです。

ビジネス文書やハガキやラベル作成など、多くの文書に使用することができます。

文書を入力して図形にしたり、表にしたりと様々な用途があります。

拡張子は「.doc」です。

Excel(エクセル)

Excelとは、表計算に特化したソフトウェアです。

単純計算から関数を使った高度な計算まで使用でき、さらには表やグラフに起こすことができるので多くの会社で使用されます。

Excelを使いこなしている人といない人では作業の時間が数時間も変わると言われており、Excelを極めている人は重宝されます。

拡張子は「.xls」(2003年以前)または「.xlsx」(2007年以降)です。

MOS資格はスペシャリストとエキスパートがある

ハリィくん

でも僕どれもそこまで使ったことないから受かる自信がないよ。
大丈夫、あまり慣れていないんだったらスペシャリストという一般レベルから受けるといいよ。それだけでも十分武器になるからね!

たいち

MOS資格はWordやExcel毎にスペシャリスト(一般)レベルとエキスパート(上級)レベルがあります。

スペシャリスト(一般)レベル

スペシャリストレベルは、普段よく使用する一般的な機能が中心です。初心者でも十分に合格が可能な資格となっています。

ビジネスに必須の資格として、社会人として活躍の方を中心に幅広い世代から支持されています。

エキスパート(上級)レベル

エキスパートレベルは、文書管理やデータ集計など、ワンランク上の生産性の高い機能について出題されます。

オフィスソフトを頻繁に使う業務の方を中心に取得されています。

就転職でまず注目されるのはスペシャリスト(一般)レベルです。これを取得しておけばまず問題ありません。

初心者でも十分に合格できることから、まずはこのスペシャリストレベルを受験してみましょう。

エキスパート(上級)レベルはあまり要求されませんが、取得者がそれほどいないため目を引くことは確かです。

実際、Excelを使用して仕事をしている人でも「かなり苦戦した!」と言う人がいます。

ただ、スペシャリストに受かっていなくてもエキスパートを受験することはできますので、もし自信があるならこちらに受かって面接官の目を引くのも良いでしょう。

ハリィくん

自分のレベルに合わせて受けられるのはありがたいね。
無理してエキスパートを受けないで、確実に合格できるように自分の知識と相談してレベルを決めていきましょう。

たいち

MOSは履歴書に書ける!恥ずかしいは嘘!

さて、MOSというものが分かってきたと思います。

そしてもしMOSを取得できたらなら、せっかくなら履歴書に書いて堂々とアピールしたいですよね。

ただ、MOSをネットで検索すると「MOS 履歴書 恥ずかしい」と検索のキーワードで上がってきます。

ハリィくん

え、MOSは履歴書に書くと恥ずかしいの?
決してそんなことはなくて単なる濡れ衣なんだ(笑)それを今から噛み砕いて証明していくよ。

たいち

それでは、そんな疑問を解消するため、実際にMOSは就職や転職に有利なのか見ていきましょう。

「MOS 履歴書 恥ずかしい」は気にしないでいい

MOSと調べると「MOS 履歴書 恥ずかしい」とキーワードで出てくると紹介しました。

これは、「MOSを履歴書に書くと恥ずかしいよ!」というわけではなく、Yahooの知恵袋で質問をしている人が多いので検索キーワードに引っかかってしまっているだけなのです。

MOSは立派な資格なのでその辺りは全く気にしないで問題ありません。

パソコンスキルが高い人は就職・転職に有利

今の世の中、ほとんどの会社が大なり小なりパソコンを使用しています。それなのにパソコンが苦手で操作がおぼつかない、という方は多くいます。

つまり、パソコンスキルが高い人というのはどの会社でも重宝されるということが分かります。

そんなパソコンの資格であるMOSの資格を持っている人が面接にきたらどういう印象を受けるでしょうか。

「あ、この人は即戦力になれる人だな」、と思うに違いありません。

会社というのは転職では即戦力を求めます。前職でパソコンのスキルをアピールしたとしても、余程の実績がない限り、人事の方にはなんとなくしか分かってもらえません。

しかし、MOS資格を持っているとなると「一通りのOffice系のソフトを扱えるんだな。」と即戦力であることが明確に分かるので人事に好印象を与えることが出来ます。

つまりMOSを持っている=パソコンスキルが高い=「有利」なのです。

例外もあるので注意

MOSは確かに持っているだけで有利です。

但し、受ける会社によっては有利にならない会社。つまり例外もあるので注意してください。(不利というわけではもちろんありません(笑)

例えば、MOSが有利になるところは以下のような企業です。

  • パソコンを最低限しか使わない会社
  • 事務など基本的な操作が必要な会社

例えば、パソコンを最低限しか使わない会社の場合、Excelで文字の入力しかできない人ばかりの会社では社員全員がExcelを使って計算ができない場合があります。

そんな中、MOSをもったあなたが入社したら?まさに救世主ですよね(笑)

また、事務などの基本的な操作を常に行う会社ではMOSはとても重宝します。「この人は即戦力だ!」とも思われますね。

しかし、IT系の会社となると話は別です。

IT系は、言うなればパソコンのプロの集まりですからMOSは最低限のスキルと言うことになります。

未経験であれば努力を認めてもらうことができますが、経験者であればアピール材料にはなりません。

IT系の会社を受ける場合は、アピール材料とならないので注意してください。

数あるパソコン検定の中でもMOSがオススメ!

MOSが就職に有利なのは分かったけど、じゃあパソコンの検定っていくつもあるから他でも良いんじゃないの?と思われるかもしれません。

確かに他のパソコン検定の試験もいくつか数があります。

  • 日商PC検定
  • 情報検定(J検)
  • IC3
  • インターネット検定

などなどたくさんあります。

しかし、僕はMOSを圧倒的にオススメします。

これは取得するのが比較的簡単というのも理由の一つですが、何よりもマイクロソフト社が公認というところです。

世界的に有名なマイクロソフト社が公認なのでMOSの資格自体も世界的に有名ということになりますね。

たいち

英語の実力を知るのに英語検定ではなくTOEICというように、パソコン力をアピールするのはパソコン検定ではなくMOSになります。

これは世界基準なのです。

世界基準と聞くとなんだか大げさなような気もしますが、本当にそうなので取得したら自信を持って良いということです。

MOSは履歴書に書くと恥ずかしいという根も葉もない噂が流れていることもありますが、そんなことはありませんので取得していたらあなたの武器としてアピールをしていきましょう。

MOS試験についての詳細

まずはMOS試験の詳細について見ていきます。

ハリィくん

ついに試験について見ていくんだね。ワクワクするなぁ。
試験の日程や受験について知らないとゴールがボヤけてしまうからね。まずは試験について知る必要があるよ。

たいち

受験方法や受験場所、そして受験料について確認していきましょう。

受験方法と受験場所

MOSの受験方法は全国一斉試験と随時試験と2通りの受験方法があります。

全国一斉試験

全国で同時に受ける試験で月1回行われています。

随時試験

各会場で指定された日時に試験を受ける事ができます。

全国一斉試験での希望される地域での実施がない場合、各会場主催の随時試験を申し込むと良いでしょう。

場所によってはほぼ毎日やっている所があるので、受験日が予定が埋まってて受けられないということはないので安心ですね。

受験料

受験料は現在は5科目とも統一で9,800円(税込み10,584円)となっています。

MOSでは1日に3科目まで申し込めますが、受験料が安いというわけではないので、1日に複数科目受験される方はよく考えてから申し込みをしたほうがよいかもしれません。

慌てる気持ちも分かりますが、まずは確実に受かることを優先していきましょう。

MOS合格のための学習方法

MOSの合格率は約70%と言われています。

分野別では、スペシャリストが80%でエキスパートが60%です。

ハリィくん

えっ、こんなに合格率が高いってことは凄い簡単ってことなの?
取り組みやすい試験ではあるけど、簡単すぎるわけじゃないから注意!ただ、正しいテキストでちゃんと勉強すれば高い確率で受かる試験だから短期集中で勉強することがおすすめだよ。

たいち

しかし、MOSはWordやExcelを使いこなすことが目的ではなく、あくまで出題文に書かれてある通りに操作できるかどうかが試される試験です。

勉強方法を間違えるとなかなか大変な試験になりますので注意して取り組みましょう。

MOSの勉強は独学とスクールどっちがいいの?

結論から言うと、僕はMOSに関しては独学で十分だと思います。

[box05 title=”独学のメリット”]
  • 費用が安くすむところ
  • 自分のペースで勉強できるところ
[/box05] [box05 title=”独学のデメリット”]
  • モチベーションが保ちにくい
  • 分からないところは自分で調べるしかない
[/box05]

ただ、MOSに関しては短期間で合格が目指せるものなのでモチベーションを合格するまで保つのはそこまで難しくないのかなと思います。

分からないところも今ではネットを使って調べることができますし。

でも、本当にパソコンが苦手な人はスクールに通っても良いと思います。もちろんスクールを否定するわけではないので(笑)

学習時間

MOSの学習時間ですが、これはパソコンが得意な人とそうでない人でスタートラインが違うので明確にすることは難しいです。

パソコンが得意な人であれば2週間あれば十分でしょう。

しかし、パソコンが苦手な方でしたら1日1時間〜1時間半の勉強として1ヶ月半は見て欲しい所です。

ただ、資格のための勉強は効率なので効率を良くすればさらに短い時間で合格することが可能です。

そんな合格を近付けるための書籍を紹介します。

MOS資格を取得するための定番の書籍

この試験でのオススメはこちらのFOM社の『よくわかるマスター MOS対策テキスト&問題集』です。試験対策はこの1冊だけで十分といっても過言ではありません。

WordとExcelをそれぞれ紹介します。

Microsoft Office Specialist Microsoft Word 2016 対策テキスト& 問題集 (よくわかるマスター)

Microsoft Office Specialist Microsoft Word 2016 対策テキスト& 問題集 (よくわかるマスター)

富士通エフ・オー・エム株式会社 (FOM出版)
2,200円(11/17 23:01時点)
発売日:2017/03/25
Amazonの情報を掲載しています
Microsoft Office Specialist Microsoft Excel 2016 対策テキスト& 問題集 (よくわかるマスター)

Microsoft Office Specialist Microsoft Excel 2016 対策テキスト& 問題集 (よくわかるマスター)

富士通エフ・オー・エム株式会社 (FOM出版)
2,200円(11/17 23:01時点)
発売日:2017/03/25
Amazonの情報を掲載しています

このテキストは問題集があるだけではなく、付属のCDに数回分の模擬試験がついています。

MOSはWordやExcelがいかに使いこなせるかを試す試験ではなく、マニュアル通りに操作出来るかをはかる試験です。それだけにテキスト選びが非常に重要になるのです。

本番の試験での操作と同様の模擬試験で、問題も本番で似た感じの物が出題されます。

試験傾向が大幅に変わることはありませんので、これを高得点で解けるようになれば本番も合格することができるでしょう。

資格試験は情報が重要です。このテキストを何周もしてしっかり身に付ければ合格は間違いないでしょう。

たいち

MOSの履歴書の書き方

最後に、MOSの履歴書の書き方についてご紹介しましょう。

MOSは正式名称が長いので履歴書にどうやって書いたら良いか疑問に思う方が多くいると思います。

MOSの公式ホームページにはこう記載してあります。

履歴書に記載する場合は、以下のように表記します。

【科目名】
[例1(英語表記の例)] MOS 2013のExcel スペシャリストレベルに合格
    ⇒ 「Microsoft Office Specialist Excel 2013 合格」

[例2(カタカナ表記の例)] MOS 2013のWord エキスパートレベルに合格
    ⇒ 「マイクロソフト オフィス スペシャリスト Word 2013 Expert 取得」

[例3(MOS表記の例)] MOS 2013のExcel スペシャリストレベルに合格
    ⇒ 「MOS(エクセル 2013) 合格」

[例4(MOS表記の例)] MOS 2013のWord エキスパートレベルに合格
    ⇒ 「MOS(ワード 2013 エキスパート レベル) 取得」

つまり書き方は様々です。

  • 「Microsoft Office Specialist Excel」でも「マイクロオフィススペシャリスト」(英語でもカタカナ)でもどちらでも良い。
  • MOSと略称でも可能。
  • スペシャリストレベルは記載しなくても可。

気にする点はこの辺りですね。

ハリィくん

こんなに書き方の種類があるってことは、厳しい決まりがあるってわけじゃないんだね。
うん、自分の書きやすいもので大丈夫だよ。ただ、英語で書く場合はスペルミスに注意してね。

たいち

例えばMOSの2007年版のExcelの資格に合格した場合は、「MOS(エクセル 2007) 合格」と記載できるというわけです。

そこまで正式名称で堅苦しく記載する必要がないので書き間違いや誤植の不安はありませんね。(笑)

おすすめ転職サイト

現在、MOS資格の勉強をしながら転職活動をしているのでしたら、まずは求人に登録しておくことをおすすめします。

行きたい企業を見つければ、どんなOffice製品を使っているか書いてあるかもしれませんし、勉強しながら行きたい企業を見つけられればモチベーションの向上にもなります。

そんな中でも僕が始めに登録する転職サイトでおすすめするのはリクナビNEXTです。

リクナビNEXTは信頼性や求人数の多さやサポート体制もしっかりしているので、迷っている方はぜひ登録してほしいサイトです。

リクナビNEXTの詳しい内容はこちらを参考にしてください。

【転職サイト】リクナビNEXTの評判は?メリット・デメリットや登録すべき人は?

転職活動は大変なこともあるかと思いますが、一歩ずつ少しずつ前進していけるように行動を起こしていきましょう。

まとめ

MOSは、受験もしやすく面接では好印象を与える資格ということを紹介しました。

中でもWordとExcelは特に重宝され、難易度はスペシャリストとエキスパートに分かれています。

まずはスペシャリストを受験して資格の取得を目指してください。

受験場所や受験料についても自分自身と相談し、「無駄な時間だった。」「無駄な出費だった。」となることのないようにしっかりと学習をして臨んでください。

ハリィくん

MOSはテキストをしっかりやり込めばかなり高い確率で合格する試験なんだね。僕もExcelを使いこなせるようになって資料作りとか頑張るぞ!
一生懸命勉強して、ぜひExcelで転職カフェの会計計算資料をつくってね。

たいち

ハリィくん

頑張ります(笑)

まずは試験日の目安を決めて、短期間で集中して資格を取得し、自分に自信をつけていきましょう!!

資格をしっかりとって、転職先も絞って後悔のない転職をしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です